工藤淳夫

添加物の亜硫酸塩は体にいいのか?

添加物の亜硫酸塩は体にいいのか?

 

亜硝酸塩は食品や医薬品に抗酸化剤、防腐剤として添加されています。

ワインにも亜硫酸塩や亜硝酸塩が保存剤として添加されていますが、亜硝酸塩の発がん性物質への変化についての記事も参考にしてください。

ワインは本当にアンチエイジングにいいのか | 生体アミンの観点から

ワインは本当にアンチエイジングにいいのか | 生体アミンの観点から

 

今回は亜硝酸塩ではなく、亜硫酸塩は健康にいいのか検証してみます。

 

亜硫酸塩とは

二酸化硫黄(SO2)はワインにとって重要な防腐剤[1]。

亜硫酸塩は水溶液中では二酸化硫黄のイオンとして存在しています。

ワインには亜硫酸塩が含まれていることも多く、食品保存剤として添加されてきました。

 

亜硫酸塩のリスク

  • 食品中に存在するとアレルギーの原因となる可能性がある[1]。
  • 亜硫酸塩への局所的、経口的または非経口的暴露は、皮膚炎、蕁麻疹、潮紅、低血圧、腹痛および下痢から生命を脅かすアナフィラキシーおよび喘息反応に至るまで、敏感な個人に一連の有害な臨床効果を誘発することが報告されている[2]。
  • 喘息患者の3.9%が亜硫酸塩過敏症だった[3]。

亜硫酸塩は特に不耐症がある人では皮膚への塗布や食べたりすることでアレルギーの原因と喘息などのアレルギー症状の悪化の引き金になります。

よくある亜硫酸塩のアレルギー症状は喘息と蕁麻疹ですが、アナフィラキシーも報告されているので亜硫酸塩不耐症の方は注意してください。

アレルギーは炎症反応を伴いますので、アンチエイジングの観点からも不必要な活性酸素を伴うアレルギー反応は緩和すべきです。

 

まとめ

  • ワインなどに添加される亜硫酸塩は喘息などアレルギーの原因となる可能性を持った物質
  • 亜硫酸塩不耐症やアレルギーの病気の既往がある人は注意する

 

参考文献:

  1. Effects of reduced levels of sulfite in wine production using mixtures with lysozyme and dimethyl dicarbonate on levels of volatile and biogenic amines. Ancín-Azpilicueta C et al.,Food Addit Contam Part A Chem Anal Control Expo Risk Assess. 2016 Oct;33(10):1518-1526. Epub 2016 Sep 21.

  2. Clinical effects of sulphite additives. Vally H et al., Clin Exp Allergy. 2009 Nov;39(11):1643-51. doi: 10.1111/j.1365-2222.2009.03362.x. Epub 2009 Sep 22.

  3. Prevalence of sensitivity to sulfiting agents in asthmatic patients. Bush RK et al., Am J Med. 1986 Nov;81(5):816-20.

     

【メルマガ登録】 不要な老いを避け美しく生きるお役に立てるよう当ブログの最新情報をお届けします。登録すると最初に7回に分けて若々しさを保つ基本のアンチエイジング習慣をお伝えします。
*は入力必須です。
氏名(ハンドルネームOK)*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ